茶道具の買取と販売 壷中堂
  1. ホーム

大樋焼水指 泉 喜仙作

大樋焼窯元 松雲窯 泉 喜仙

■金沢の茶道は加賀三代藩主微妙院前田利常卿の寛永二年京都より金森宗和の嫡子七之助氏を召抱へられ
宗和流茶道の奨励によって始まる。叉五代藩主前田綱紀松雲公も裏千家仙叟宗室を寛文六年に招聘それと同時に
美術工芸を益々奨励され京都より陶工を聘し金城の北端大樋に窯を築き名づけて大樋焼と称し愈々其の隆盛を見、
宗和流十二世辰川宗弘宗匠の下に初代喜仙茶道を精進し松雲公の徳を偲び大樋の脇窯として是れを宗和流家元
辰川宗弘宗匠松雲窯と銘ぜられ独自の技を加へ永年茶陶を焼成する

 22×15,5センチ

購入数

売り切れ

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る