茶道具の買取と販売 壷中堂

名物槍の鞘写茶入 笹田仁史作

大名物槍の鞘茶入


伝来:秀吉-石川備前守−石川宗雲-石川自安-四代目藤右衛門-井筒屋こと河井十佐衛門-松平不昧
もともと秀吉所持、利休が名付けたあり、容姿が細長いことからの連想といわれる。
■笹田仁史(ささだ ひとし)
笹田有祥。
昭和27年 京都生まれ。
昭和45年 京都市立日吉ケ丘高校陶芸科卒業。
昭和46年 京都府立陶工訓練校卒業。
昭和47年 京都市立工業試験場陶磁器技能者養成所卒業。
昭和48年 手塚央に師事。茶陶を指導される。
昭和50年 独立 五条坂共同登り窯にて訪う唐物写茶入の制作を始める。
昭和56年 京都東山梅ケ谷工房を移す。
昭和62年 五条坂共同登り窯廃止に伴い西加茂に現工房を築く。
平成元年 京都丹波瑞穂町にて登り窯参加。
平成8年 京都市北区西加茂にて新工房を建て、茶道具の制作を中心に現在に至る。
仕覆は金剛金襴 8,5×6センチ
販売価格 9,000円(内税)
購入数


Ranking

Top