茶道具の買取と販売 壷中堂
  1. ホーム
  2.  > 茶入
  3.  > 岩城文琳写茶入 木津喜楽作

岩城文琳写茶入 木津喜楽作

■岩城文琳(いわきぶんりん)




中興名物。漢作唐物。文琳。陸奥国の戦国武将岩城貞隆が所持していたところからこの名がある。一名を「上天文琳」ともいう。高二寸二分四厘(6.8cm)、胴径二寸八厘(6.3cm)、口径八分(2.4cm)、底径九分(2.7cm)、甑高一分七厘(0.5cm)、重量十四匁一分(52.9g)。口が締り、捻返しは浅く、肩先が丸味を持ち、胴が膨らみ、胴以下は同じように窄まり、ほぼ球形に近く、底廻りは鼠色の土見、底は細かい糸切で、大きな山欠けがある。総体に柿金気色に少し紫色を帯び、黄味を帯びた黒飴釉が全面に細かい横段をなし、一部に鶉班があり、その間に銀金気がムラムラと現れ、甑廻りに黒飴釉の一線が廻り、胴上から飴色を含んだ黄釉が二股の轡形になだれ掛り置形となっている。伝来は、岩城貞隆〜伊達政宗〜坂元金弥〜藤田美術館。仕覆は、白地古金襴、濃花色白極緞子、鳥襷緞子、柿地大内菱。蓋四枚。袋箱、桐白木。挽家、鉄刀木。箱、桐白木。添盆、青貝四方盆。御物袋、白縮緬。
■木津喜楽は京都の陶芸家です。
仕覆は亡羊緞子 7×5,7センチ

販売価格 10,000円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Shop Manager
茶道具 美術工芸品 販売と買取 壷中堂[こちゅうどう] 札幌 http://www.kochudou.jp/
代表 鎌田宗閑
壷中堂の代表をしている鎌田宗閑です。 現在に至るまで38年の間、茶道具、美術工芸品を扱っています。 実店舗同様ご愛顧、宜しくお願い致します。
店長日記