茶道具の買取と販売 壷中堂
  1. ホーム
  2.  > 茶碗
  3.  > 兎毫盞天目茶碗 大石督幸作

兎毫盞天目茶碗 大石督幸作

■兎毫盞天目(とごうさん)
建窯が生産した「兎亳盞(とごうさん)」と呼ばれる黒釉陶は日本ではその斑紋が稲穂の禾に見えることから「禾目天目(のぎめてんもく)」と呼ばれている。禾目の斑紋は建窯にのみ見られる特徴で、他の窯で作られた天目茶碗には見られない。本作は建窯で作られた禾目天目の特徴を充分に示している。全体的には茶褐色であるが、流れ斑のとぎれる見込み中央と、釉の溜まった腰部には黒釉が艶を持って残っている。本作は丸みのある胴を持った碗の特徴である、太い畳付け、高台脇の平らなヘラ目を見ることができる。また、素地が黒いのも、建窯の特徴の一つである。
■作家:大石督幸
■設 :銀の覆輪
■寸法:6,8×12,3センチ

販売価格 10,000円(内税)
購入数
  • ↑
  • ↓

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る