茶道具の買取と販売 壷中堂

相坂丸壷写茶入 木津喜楽作

■名称の由来は江月和尚筆『相坂之記』によれば、『古今集』雑下に出ている読み人 知らずの古歌「逢坂の嵐の風は寒けれど行衛しらねば佗 ... 丸壷というのは唐物茶入の 形をとったもので、丸い胴より首が長く立ち上がっている形をいいます。
■木津喜楽(きずきらく)は京都の陶芸家。仕覆は逢坂金襴。

 7,5×6,5僉|羔縮省写相坂丸壷茶入写
販売価格 10,000円(内税)
購入数


Ranking

Top