茶道具の買取と販売 壷中堂

海老釉茶碗 檜垣青子作 而妙斎箱書

檜垣青子(ひがきせいし)

初代檜垣宗楽の長女として京都に生まれる。京都市工業試験場で二年間陶技を学ぶ。
昭和54年頃より父、初代寄神崇楽、祖父の雲華焼土風炉師、寄神崇白に師事し、制作を始める。
60年青子を名乗る。平成元年の初個展以後、全国各地で個展多数開催。
表千家家元而妙斎箱書 銘「常盤」ときわ  8×11
販売価格 200,000円(内税)
購入数


Ranking

Top