茶道具の買取と販売 壷中堂

数印黒楽茶碗 佐々木松楽作

佐々木松楽(ささきしょうらく)
佐々木吉之介により1905年京都の清水坂に「昭楽窯」を開窯。大徳寺の後藤瑞巌・ 小田雪窓より認められ作陶の手ほどきを受け、1944年に亀岡へ移窯し、今日まで 茶道具制作を専門に続けられています。

※大徳寺塔頭興臨院住職山口大痴(萬拙)氏の箱書きがあり銘「寿海」となっています。

8×11,5
販売価格 10,000円(内税)
購入数


Ranking

Top