茶道具の買取と販売 壷中堂

吉野棚

吉野棚(よしのだな)は、桐材春慶塗で、面皮付吉野丸太の四本柱、客付に円窓を刳抜いた腰板が付き、勝手付には炉では障子を風炉では葭戸を嵌めるようになった小棚です。
吉野棚は、裏千家十三世 圓能斎(えんのうさい)鉄中宗室(てっちゅうそうしつ)が好んだ棚です。
吉野棚は、吉野太夫を身請けした豪商灰屋紹益(はいやじょうえき)が建てた「遺芳庵」(いほうあん)と「鬼瓦席」を大正十一年京都高台寺に移築した際の献茶式の記念に、吉野太夫が好んだという遺芳庵の吉野窓から意匠された棚です。
吉野棚は、炉・風炉ともに用いられます。

紙箱収納 中古品ですが状態は良好です。
販売価格 5,000円(内税)
購入数


Ranking

Top