茶道具の買取と販売 壷中堂

唐銅穂屋香合 金谷宗林作

■火舎は、火屋・穂屋とも書き、香炉・手焙・火入などの上におおう蓋のことで、 蓋のついた香炉のことを火舎香炉と呼びます。火舎蓋置は、七種蓋置のうち、 最も格の高いものとして扱われ、主に長板や台子で総飾りをするときに用います 。
■略歴
昭和10年富山県高岡市生まれ。
昭和28年風炉師中村氏に師事。
昭和33年京都鋳物を研修。
昭和38年帰郷し茶道具に専念、研修。
昭和40年百貨店出品。
昭和50年商工展入選。
昭和54年高岡市伝統工芸師認定。

7×5
販売価格 4,000円(内税)
購入数


おすすめ商品


粉引水指 奥村考山作

14,000円(内税)


松籟茶碗 安田全宏作

35,000円(内税)


Ranking

Top