茶道具の買取と販売 壷中堂

木の葉天目茶碗 水野清太加作

中国 宋時代の美を再現

※木葉天目は中国宋時代に江西省吉安府の吉州窯で生産された玳玻盞(たいひさん)の一種で
黒釉の内底に木の葉の模様を出すもの。
瀬戸伝統陶芸会会員 瀬戸文化保存会評議員
水野清太加(みずのきよたか)の作。
記:祖父はロクロ、父は陶画を業とする陶工の家系に生まれ昭和15年3月愛知県窯業学校卒業と
同時に研究所職員を振り出しに陶土工場の工場長を経て陶磁器釉薬製造業に至り、
この間中国 台湾 韓国など外地にも窯業技術の指導に出向しましたが彼地の古陶磁を見るにつけ
かねて趣味としてきた古陶磁、骨董の鑑賞が高じて、作陶ごころを刺激され長年業としてきた
釉薬の製造を廃業し、ただ今は専ら茶陶の製作に打ち込んでおります。
状態:キズ無し。 4×14,6
販売価格 13,000円(内税)
購入数


Ranking

Top