茶道具の買取と販売 壷中堂

交趾花喰鳥香合 高野昭阿弥作

炉用の香合です。

※意匠のひとつ。瑞鳥(鳳凰など)が松の枝や花をくわえたもの。起源はペルシアで あり、日本においては正倉院御物が著名である。元は葡萄をくわえて真珠の首飾 をつけた鳥の文様で、これは栄光を象徴する。
2代 高野昭阿弥(たかのしょうあみ)
1930年 初代昭阿弥創業
1941年 京都に生まれる
1966年 京都市立美術大学卒業後、初代昭阿弥の許、仕事を覚える
1980年 初代と共に50周年記念展を開催
1993年 二代昭阿弥を継承。

5×6×4,2
販売価格 4,000円(内税)
購入数


おすすめ商品


粉引水指 奥村考山作

14,000円(内税)


松籟茶碗 安田全宏作

35,000円(内税)


Ranking

Top