茶道具の買取と販売 壷中堂

鶴に松竹茶碗 加藤春永作

非常に目出度い図柄です

加藤春永(かとうしゅんえい)
茶陶には京瀬戸という呼び名があります。瀬戸からきた陶工が焼いたものか瀬戸釉の茶陶を
京都で焼いたものか、又、京都から瀬戸へ行って焼いたものかはっきりしたことはわかりませんが
陶祖藤四郎正宣の従弟である春永氏は京瀬戸作家というべき作家なのかと思われます。
京都東山泉涌寺の地に生まれ、昭和49年に嵯峨小倉山の独立して、昭和52年に第一回の個展を開いて、作品を世に問いました。繊細な作品は今後に期待が寄せられます。
7×12,8
販売価格 7,000円(内税)
購入数


おすすめ商品


松籟茶碗 安田全宏作

35,000円(内税)


松絵茶碗

10,000円(内税)


Ranking

Top