茶道具の買取と販売 壷中堂

高麗三島茶碗 李 殷九作

李朝粉青印花文の茶碗

李 殷九作(り いんく)

1943年韓国忠清南道公州生まれ 漢陽工科大学建築科を専攻 1960年 韓国各窯えお巡り技術を習得 1968年高麗天目の研究を始める。 1976年青坡窯( せいはがま)を築窯、現在に至る。
※三島(みしま)
朝鮮の陶磁器で濃い鼠色の素地土とその表面を白い化粧土でおおった一群の半磁、半陶質のものをいう。文様は暦手が最も多く、檜垣文、印花文、文字などがある。新説では朝鮮では古来、巨文島を三島とよび、朝鮮、中国や我が国の船が、この島に集まって、産物の売買を行ったが、とりわけ
南朝鮮を代表するこれら陶器が多かったので三島と称したともいう。
7,5×15
販売価格 15,000円(内税)
購入数


おすすめ商品


松籟茶碗 安田全宏作

35,000円(内税)


松絵茶碗

10,000円(内税)


Ranking

Top