茶道具の買取と販売 壷中堂

堅手茶碗 金 太漢作

朝鮮堅手茶碗

墨田 金 太漢(きんたいかん)
1939年慶南馬山出生。1958年左峯 墨田 漢青の三兄弟が京畿利川で陶器設立。
1973年〜1988年無形文化財 池 順鐸に師事。1988年墨田窯開窯。
1991年裏千家鵬雲斎家元より箱書の名誉を賜る。2004年大韓民国利川陶芸名匠指定。
※堅手(かたで)
朝鮮茶碗の一種で李朝前期に作られたもの。井戸や熊川と違って磁器質で、土、釉とも堅い感じが
するため、堅手と呼んだらしい。多くの窯でつくられたらしく、形が井戸風の開きかげんの茶碗だ
というほかは、これといった共通の特色は指摘できない。
7,5×15
販売価格 15,000円(内税)
購入数


Ranking

Top