茶道具の買取と販売 壷中堂

萩つくね蓋置 12代 田原陶兵衛作

つくね蓋置
蓋置の一種で手造りのものをいう。分が厚く凹凸があり中心の穴は小さい。楽焼に多い。

12代田原陶兵衛(たわらとうべえ)
長門深川三之瀬は李勺光が萩の城下に良土を求めて踏査し、長門深川に古窯をおこして
深川萩を焼き出した地です。ここ深川萩の中心となってきたのは田原家と坂倉家の二家で、
田原家の初代は李勺光門下として安芸から来萩した赤川家の出身で現在は13代目になっている。
晩年の作品の方が思いきった鋭さや覇気が感じられ、凄みのあるほどの窯変などに古萩の
おもかげを彷彿させています。
4.8×5
販売価格 6,000円(内税)
購入数


Ranking

Top