茶道具の買取と販売 壷中堂

黒数印茶碗 7世 川崎和楽作

京焼の楽焼茶碗

7世 川崎和楽(かわさきわらく)
文政年間祇園八坂神社門前茶屋短冊楼の主。短冊屋七左衛門の始めた楽焼の礎を2代目七兵衛より
「楽焼の短冊屋」として楽焼一筋の研鑚に勤め、爾来150余年にわたり、その伝統を守る。
その間宮中より賜る栄に浴し各宮家にも珍重される。又大正7年初秋には東郷平八郎元帥入洛の際、工房へ御来遊賜り、その節「和楽」の直筆の号を拝領。その後「和楽」の屋号にて
茶道に適する楽焼の窯元として継承。
「未使用品」です。8×12
販売価格 10,000円(内税)
購入数


Ranking

Top