茶道具の買取と販売 壷中堂

高麗柿天目透刻文七宝文細水指 李 殷九作

高麗天目

李 殷九(りいんく)
1943年韓国清南道公州生まれ 漢陽工科大学建築学専攻
1960年韓国各窯を巡り技術習得
1968年高麗天目の研究を始める
1976年青坡窯(せいは)を築窯現在に至る
※高麗天目
中国宋代福建省建安付近にあった建窯で焼かれたのが始まりで後に高麗時代に青磁と共に
その技法が渡来し高麗青磁と共に焼成される様になったと伝えられる。
宋天目に比して高麗天目は茶人の好んで賞味したものとされる。

25×11
販売価格 15,000円(内税)
購入数


Ranking

Top