茶道具の買取と販売 壷中堂

黒茶碗 3代 佐々木昭楽作

光悦風ないびつな茶碗

楽焼概略
楽焼は天正年間〜現在に至るまで400有余年変わることなく制作が続けられた
特殊な焼物。ほかのすべての陶磁器は全世界に類似品があるが楽焼だけは
日本独特なもので京都に生まれ京都で育った唯一の焼物。しかも楽焼は日常使用する
雑器ではなく茶の湯の対象として作られたものである。


楽焼窯元 昭楽
祖父の代より楽焼に従事。京都清水坂に築窯。昭和19年亀岡矢田神社の畔に移住。
大本教の出口王仁三郎、大徳寺管長雪窓師の知遇を得て再び築窯。現在にいたる。
8×11,5


販売価格 5,000円(内税)
購入数


Ranking

Top