茶道具の買取と販売 壷中堂

むぎわら蓋置 9代 白井半七作

白井半七(しらいはんしち)
白井家は江戸中期に始まる今戸焼の陶家で代々が半七を名乗る。
近代に入って江戸から関西に移り、現在は閉窯している。

歴代について
初代半七は貞享年間(1684〜1683)の人。江戸今戸村で土風炉、雲華焼など瓦器の製作を
始めたといわれる。2代半七は享保年間(1716〜1736)ころ瓦器に釉薬を施し楽焼に類した
食器を焼成するようになり今戸焼と呼ばれた。
8代半七は名工で乾山写しを得意とし昭和14年兵庫県宝塚に窯を移した。
9代半七は乾山写しや色絵の茶陶、又、大阪の料亭の注文を受けて高級食器を製した。
5,3×5,5

販売価格 0円(内税)
SOLD OUT

Ranking

Top