茶道具の買取と販売 壷中堂

つくね蓋置 檜垣青子作

檜垣青子(ひがきせいし)
京焼 桂窯

初代檜垣崇楽の長女として京都に生まれる。
京都市工業試験場で2年間陶技を学ぶ。昭和54年頃より父、初代寄神崇楽、祖父の
雲華焼土風炉師、寄神崇白に師事し製作を始める。
60年青子を名乗る。


※自ら茶道を学び、楽焼による茶陶の製作に努め、茶の湯に適うことを常に
心がける。
4,5×5,5
販売価格 0円(内税)
SOLD OUT

Ranking

Top