茶道具の買取と販売 壷中堂

玄々斎好写筆柿香合 道場宗廣作

筆柿香合
裏千家11代玄々斎の好み写しです。

明石の人丸神社の社前に筆柿と呼ばれる

ごく実の小さい柿の木があり、

神社ではこの柿の実を干したものをお守りとしていました。
玄々斎はこの柿の木の枝を持って好みとしたとされる。
道場宗廣は石川県山口県の塗師です。

5,7×5
販売価格 10,000円(内税)
購入数


Top