茶道具の買取と販売 壷中堂

TOP >

堆朱棗 三野原晃一作

堆朱(ついしゅ)は、彫漆の一種である。彫漆とは、素地の表面に漆を塗り重ねて層を作り、文様をレリーフ状に表す技法を指すが、日本では表面が朱であるものを「堆朱」、黒であるものを「堆黒(ついこく)」、黄であるものを「堆黄(ついおう)」と呼ぶ。

三野原晃一(みのはらこういち)
1942年新潟県村上生まれ。
1958年漆芸家 富樫助次に師事
1965年工業技術院賞受賞。
1970年新潟県知事賞受賞。
1974年新潟県職業訓練校漆工芸指導員。
1976年通産大臣指定伝統工芸士認定。
6,5×6,7
販売価格 15,000円(内税)
購入数


おすすめ商品


阿弥陀堂窯 佐藤清光作

0円(内税)
SOLD OUT


萩焼茶碗 守繁栄徹作

15,000円(内税)


Top