茶道具の買取と販売 壷中堂

乾山写兜画茶碗 南口閑粋作

杣山焼(そまやま)

文化年中、杉山吉右衛門が琵琶湖湖西の地に多くの陶工を集め、上品なやきものを焼いたことに
始まる。後を引き継いだ中江与兵衛は、幕末の名工の一人、仁阿弥道八の門人といわれ
精巧な茶器を中心に雅味豊かな作風で盛況をみるが、後に廃窯となる。

そまやま焼
南口閑粋(みなみぐちかんすい)
昭和33年大阪生まれ。昭和53年京都府立陶工専修職業訓練校卒業。
昭和53年初代、宮川香雲に師事。昭和60年16代永楽善五郎に師事。平成元年、開窯独立。
これを機にそまやま焼を再興、創作活動に入る。
8×12,3
販売価格 12,000円(内税)
購入数


Top