茶道具の買取と販売 壷中堂

御所丸茶碗 原 清和作

御所丸茶碗(ごしょまる)

高麗茶碗のい一種で古田織部の意匠で朝鮮の金海窯で焼かせたもので
「古田高麗」とも「金海御所丸」ともいいます。

原 清和
昭和14年出雲市生まれ。
萩焼、出雲焼に入陶後、京都に移り京都の研鑚を経て三島、刷毛目等、
朝鮮の高麗時代から李朝にかけての高麗茶陶の研究に専念する。
7,5×13,5×12
販売価格 10,000円(内税)
購入数


Top